theoption

絶対に知っておきたい!theoption(ザオプション)のペイアウト率

絶対に知っておきたい!theoption(ザオプション)のペイアウト率

この記事でわかること

  • ザオプションのペイアウト率と特徴
  • ペイアウト率から見るザオプションのメリット・デメリット
  • 2020年現在業界No1ペイアウト率キャンペーン開催中

ごきげんよう。きよみです。

「バイナリーオプションで投資をするならペイアウト率が高い方が良い!」なんて事を良く聞きますが、それは本当なのでしょうか?

そんなの当たり前…と思われるかも知れませんが、高くてもデメリット要素が多ければ意味がありません。

気になる事は調べてみたくなるのが「きよみスタイル」なので、巷で高いと言われているtheopiton(ザオプション)のペイアウト率について調べてみる事にしました。

the style
きよみ

実際私が使っていても感じるのですが、基本的に「高め」と言ってもいいでしょう。

ただ何故改めて調べるかと言うと、高いペイアウト率にも条件があったり、他社と比較して相対的にどうなのかなど「メリット」と「デメリット」を再認識したいと考えたからです。

それでは詳しく見ていきましょう!

ザオプションでの口座開設」がお済みでない方はリンク先に詳しい手順やお役立ち情報をまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

theoption(ザオプション)のペイアウト率一覧

ザオプションの現在のペイアウト率は、スプレッド(レンジ幅)のない取引では1.80~1.96倍。スプレッドの設けられている取引については最も高い2.00倍となっています。

また、ザオプションのペイアウト率はスプレッドの設けてある取引が常に2.00倍固定なのに対し、スプレッドの設けられていない短期取引、HIGH/LOW取引は取引を行う時間帯に応じて変動する仕組みです。

ザオプションの取引毎のペイアウト率は以下の通り。

短期取引1.81~1.96倍(81~96%)
スプレッド短期取引2.00倍(100%)
HIGH/LOW取引1.80~1.85倍(80~85%)
スプレッドHIGH/LOW取引2.00倍(100%)

短期取引が取引銘柄や取引時間ごとに細かく分かれているので、それぞれペイアウト率も変動する可能性があることは覚えておいた方が良いですが、「多少の上下」と言っても大丈夫な程ではあるので、あまり意識しすぎなくても大丈夫かなとは思います。

ただ短期取引を利用する場合は、利用する前にペイアウト率を確認する事がおすすめです。ペイアウト率こそが重要な短期取引ですからね…!

ちなみに「1.96倍」という短期(30秒取引限定)の数字は、公式も「業界ナンバーワン」と謳っており、事実30秒取引では海外バイナリーオプション業界で最も高い数字です。この内容については少し掘り下げたいので、記事後半でも再度触れます。

社畜ネコ
30秒取引を抜いても、他のバイナリーオプション業者と比較してペイアウト率は高い印象だな?

特に「スプレッド」がある取引はペイアウト率が100%に固定されていて、2.00倍と非常に高めに設定してあるのが魅力的ですね。

このスプレッドがある取引を上手く利用した取引が出来れば、利益を大きくする事が出来そうです。

参考【最新版】ザオプション(theoption)のスマホアプリ情報!iPhone版はある?

高いペイアウト率のメリットは?

すごく当たり前の話ですが、ペイアウト率が高いと言う事は、払い戻しの金額が上がるということなので、それだけでメリットがあると言えるでしょう。

ザオプションペイアウト率が高いメリット

低いペイアウト率の業者と比べると、1度の利益で差が出ます。

1.90倍のペイアウト率×投資額10,000円の場合と2.00倍のペイアウト率×投資額10,000円の場合では、利益の差が「1,000円」も違う!

あくまでも例として、こういった数値を出していますが、1度の取引でこれだけ違うと、取引を積み重ねるバイナリーオプションでは、積み重ねれば積み重ねるほど違いが出てきます。

ペイアウト率が高いと言うだけでこれだけ違うのです。

更にザオプションの場合は、最高ペイアウト率が2.00倍(100%)となっている為、もしも損失を出してしまった場合、同投資額で取引をすると、損失分を1度の取引で回収する事も可能です。

シンプルでわかりやすいね。
きよみ

他の業者では取引を繰り返して損失を回収しなくてはならない事を考えると、明らかなメリットと言ってもいいでしょう。

他社と少し違った立ち回りができること、それもまたペイアウト率の高い業者を使うメリットですね。

ペイアウト率が高い事でデメリットはあるのか?

上記ではペイアウト率が高い事でのメリットを挙げてきましたが、デメリットについても考えておかなくてはなりません。

ペイアウト率が高いと言う事にデメリットは無い!と言いたい所ではありますが、デメリットはあります。

ペイアウト率が高いと言う事はそれだけ、取引が成功しずらいと言う事でもあるのです。

繰り返し記事中でも書いてる、「スプレッド」が主な理由です。普通の取引と同じ難易度では業者側が明らかに損をするだけなので、当たり前の話ではありますが通常の取引よりも「取引が失敗になるポイントが広く」なります。

それは、スプレッド幅で表現されるので目に見えてわかりますね。

ザオプションスプレッド幅

このスプレッド幅がある分ペイアウト率が高いデメリットと言えるのです。

メリットもあればデメリットもあるのが投資ですし、こういったわかりやすいデメリットは対策も立てる事が出来るので、良心的なデメリットと言えるのではないでしょうか。

ではスプレットがない「短期取引」のデメリットは?

繰り返し記載しているよう、現在のザオプションは30秒取引が1.96倍のペイアウト率を誇ります。しかもスプレッド幅もありません、この内容で考えられるデメリットは…残念ながらあります。

第一に、30秒取引は予測難易度が高いことです。どうしても運の要素が高くなり安定して勝率を高く維持するには難易度が高いので人を選ぶ傾向にあるため、せっかく高いペイアウト率も活かすか殺すかはトレーダー次第とも。

もちろん30秒取引は単純明快でスパっと何度も取引できるので操作していて気持ちが良く、実際人気のある取引時間ではあるのですが「読む」のはなかなか大変です。

第二の理由、では短期取引で1分や2分など少しだけ時間を伸ばした取引に挑戦!と考えた場合、例えば競合他社である「ハイローオーストラリア(ハイロードットコム)」より全体的にペイアウト率が低いというジレンマに陥ります。

正直に言い過ぎな気もするけどこれは本音。
きよみ

まとめた表現をすると、ザオプションは「尖ったペイアウト率」で、業界で最も高い数字をもつものの、取引手段や取引時間によっては扱いにくさも併せ持つようなイメージでしょうか。

推し記事
【要Check】ザオプションとハイローオーストラリアを比較してみた結果
【要Check】ザオプションとハイローオーストラリアを比較してみた結果

この記事でわかること ザオプションとハイローオーストラリアが比較される理由 ザオプションとハイローオーストラリアの各特徴と違いが比較でわかる ごきげんよう、きよみです。 海外バイナリーオプション業者の ...

続きを見る

参考theoption(ザオプション)の公式サイトをしっかり見るとわかる事

ペイアウト率が高いのは取引をする上で有利?

ザオプションで取引をしようか迷っている方は、結局この尖ったペイアウト率の高さが有利なのかどうかが知りたいのではと思うのですが…簡潔に言うと「有利」です。

結局は「取引をしっかりと選んでする事」がバイナリーオプション取引の基本でありコツで、先程あげた30秒取引はもちろん、スプレット取引もそうですし、使いこなせれば他社では不可能な利益率を出すことができます。

そのため、単純にザオプションでの取引は有利ですね、人次第ではあるのですが。

もちろん他の業者の方が良いと言う方もいらっしゃるでしょうが、あくまでも「ペイアウト率」を判断の基準とするなら私の意見としてはこんなところです。

ザオプションは出金スピードも早いほうなので、海外バイナリーオプション業者の選択肢の一つとしてザオプションを選択するのは有りでしょう。

ペイアウト率の高さで業者を選ぶのは危険と言われていた時代があるらしい

ここまで、ザオプションのペイアウト率についてお話をしてきましたが、「ペイアウト率」に拘り過ぎるのは良くないと言う話があります。

特に以前までの、悪質な業者が存在していた海外のバイナリーオプション業者では特にそうなのではないでしょうか。

今はかなりの数が淘汰されて、悪質な業者は少なくなっていますが、そういった悪質な業者が異常にペイアウト率が高く、利益を出しても出金が出来ない自体が起こっていたからこそ、ペイアウト率の高さで取引をする業者を選択するのは危険だとされてきました。

今、業者を選ぶのならば、出金面を含めた安全面もそうなのですが、ペイアウト率も当然選考基準として重要な要素です。

ザオプションのペイアウト率はやっぱり高かった

ザオプションがペイアウト率の高い業者であるのは事実と言えるでしょう。

ザオプションのペイアウト率は高い

固定ペイアウト率100%(2.00倍)の取引を見てみると、デメリットこそありますが、それでもメリットに目が向きそうです。

如何にこの高いペイアウトり率の取引を活かしてバイナリーオプション取引が出来るかどうかが肝になってきそうですね。

「スプレッド」のある取引で狙うなら?

毎回スプレッドのある取引をするのではなく、状況を見てトレンドがある時など為替が動きを見せている時に狙ってみるのはいいかもしれません。

流石にレンジ相場では、為替の動きが無いので、スプレッドがある取引を利用する必要性がなくなるとは思いますが、「トレンド」をしっかりと狙って取引をしてみてください。

不安な方は、どういった取引なのかを試す事が出来る、デモ取引がザオプションにはあります。

「フリーデモ」で実際にスプレッドがどの程度なのか、どういった取引になるのかを確認してみるのがいいでしょう。

実際に利用した事でペイアウト率がどの程度なのかも体感できると思いますので、お時間がある方は試してみてください。

期間限定での業界No1ペイアウト率

ペイアウト率の高さについて触れてきましたが、最後にからくりと言いますか補足を付け加えておくと、「30秒取引の人気6銘柄取引ペイアウト率が1.96倍」というキャンペーンが現在開催中であり、それを含んだ数字と結果となっています!


ザオプションペイアウト率キャンペーン

30秒取引1.96倍対象通貨ペア

  • USD/JPY
  • EUR/JPY
  • EUR/USD
  • AUD/JPY
  • AUD/USD
  • NZD/USD

期間限定…ということはいずれ減少も考えられるので、あくまで業界1位は今だけという…このように表現をすると「騙された」と思われる方もいそうで恐いですが、実はこのキャンペーン人気の企画のようで繰り返し延長が行われての今だったりします。

もはやこれ目的で使っている人もいるからね…止められないのかも
きよみ

人気業者であるハイローオーストラリアは現在30秒取引で「1.95倍」のペイアウト率なので、たしかに若干ではありますが業界1位のペイアウト率で突っ走ってますね。

30秒取引限定とはなりますが、ザオプションを普段から利用されている方はもちろん、気になっていた方もこの機会を活かして挑戦してみるのも良いでしょう。言ってることが矛盾しそうですが、今すぐこのキャンペーンが停止とは思いませんが、未来永劫このままとは思いません。チャンスを逃さないようには意識したいですね。

まとめ

巷で高いと言われていた、theoption(ザオプション)のペイアウト率について調べてみましたが、やはり「高い」と言っていいが結論となりました。

要点まとめ

  • ザオプションのペイアウト率は総合で見ると高い
  • スプレッドを含む場合メリット・デメリットを把握しよう
  • 短期30秒取引は期間限定で業界No1のペイアウト率

とはいえ決して常識外の高さと言う訳ではなく、他のバイナリーオプション取引と比べてみて長所があれば短所も当然あります。

ザオプションでは30秒取引か、状況次第でスプレッド有の取引を行いながら立ち回りを考えることが良いでしょう。

ペイアウト率が高いだけで取引は有利と言う意見は変わりませんが、ペイアウト率が高いメリットとデメリットをしっかりと把握して取引をする事をおすすめします。

どんな相場でも高いペイアウト率の取引が利用できると言う訳ではないので、せっかくのメリットを消さないようにしてください。

また、ザオプションには「フリーデモ」があるので、どういった取引なのかを実際に体感する事もできます。

まずはそちらから利用してみるのがいいかもしれませんね。

参考theoption(ザオプション)のデモ取引の仕様と注意点!

theoption(ザオプション)
theoption(ザオプション)
2020年 口座開設率No.2

リアルタイムチャット完備などサポート体制充実で、取引するごとにポイント付与で現金還元あり。業界初のテクニカルチャート標準実装など、初心者から玄人まで選ばれる人気業者です。

最大ペイアウト200%口座開設時間2分 ※土日・祝日可
入金額5,000円以上出金額3,000円以上
キャンペーンあり出金日数最短当日~3日

只今、新規口座開設を行った全ての方を対象に5,000円キャッシュバック開催中!

公式ページはこちら≫

【2020】海外バイナリーオプションおすすめ口座まとめ!

  • この記事を書いた人
プロニートきよみ

プロニートきよみ

ごきげんよう、意地でも働きたくない社会不適合者「きよみ」です。

今はバイナリーオプションをメインの収益源としてプロニートしてます。

大学生から始めたバイナリーオプションも気付けば早5年、このサイトではこれまで私が学んだ知識や経験・失敗談をもとに、初心者の方でも利益を上げられるノウハウやトレード全般の情報を随時発信しています!

-theoption
-

© 2021 バイナリーオプションプラス