theoption

ザオプション(theoption)で15分取引が人気?戦略を解説!

ザオプションの15分取引について

この記事でわかること

  • ザオプションは15分取引が人気?使われる理由
  • 15分取引で役立つ戦略と攻略法

ごきげんよう、きよみです。

ザオプションでバイナリーオプション取引を行う際、よく選ぶ取引時間はありますか?

「海外バイナリーの醍醐味30秒取引」「2分取引~5分取引で転売を使いこなす」など人によって好みの時間はあると思いますが、ザオプションの「High/Low」取引の判定時間は特殊で分刻みで選択式になっていたりします。

今回は15分取引が人気という話を耳にしたので、その真偽とザオプションで15分取引を行う場合の注意点や戦略などまとめて話していきます!

ちなみにザオプションにはデモ取引が用意されているので、実際に15分取引をして試してみたいという方は以下の記事を参考にでデモから挑戦してみてくださいね。

参考【最新版】ザオプション(theoption)のデモ取引の仕様と注意点

ザオプションでの口座開設」をお考えの方はリンク先にて詳しく流れやキャンペーンなども紹介しています!

社畜ネコ
海外バイナリーと言えば短期取引が売りでしょ?15分取引が本当に人気なの。
一長一短はどの時間にもあるから、そもそも15分取引が話題となった理由、そして特徴も見ていきましょう。
きよみ

15分取引が噂となった理由

大前提ですが、ザオプションで15分取引が注目された理由からです。

ザオプション15分取引人気の噂

そもそもザオプションの「High/Low」取引は以下のような取引時間となっています。

HIGH/LOW 取引時間

  • 5分
  • 10分
  • 15分
  • 営業終了までの最長約22時間

要するに15分までの間、5分刻みでの取引が可能となっています。

5分刻みで選択は、戦略の幅は広がるのものの実際に使ってみると、慣れないうちは正直わかりにくい印象を受ける方も多いでしょう。(戦略は多数あるので後ほど解説します)

実は「15分取引」という名称自体、海外業社ではハイローオーストラリアが採用し人気とされた経緯があり、ザオプションは15分取引を際立たせた提供を行っている業社ではありません。

ザオプションは15分取引よりも短期取引推し

ハイローオーストラリアで良く使われている時間ゆえに、ザオプションでも同じ「15分取引を用いた戦略」が使えないか?と噂になってというのがそもそもの経緯です。

上記の通り、ザオプション自体は15分取引推しではない印象ですが、それでもよくエントリーに選ばれている時間であることは事実ですので、経緯の説明はこのくらいにして15分取引の特徴やメリット・デメリットなどに触れていきますね。

その前に一言メモ

ザオプションは30秒取引がペイアウト率1.96倍を提供したり、短期取引向けの企画やキャンペーンを定期的に展開しています。15分取引はもちろん短期取引に興味をお持ちの方もぜひチェックしてみましょう。

推し記事
絶対に知っておきたい!theoption(ザオプション)のペイアウト率
絶対に知っておきたい!theoption(ザオプション)のペイアウト率

この記事でわかること ザオプションのペイアウト率と特徴 ペイアウト率から見るザオプションのメリット・デメリット 2020年現在業界No1ペイアウト率キャンペーン開催中 ごきげんよう。きよみです。 「バ ...

続きを見る

ペイアウト率から見た15分取引の特徴

前項で解説した通りザオプションの「High/Low」取引は5分刻みの時間となっているので、15分取引には5分・10分取引とも共有した要素も多いのです。

その代表はまずペイアウト率で、ザオプションの15分取引のペイアウト率は5分取引と10分取引と同じとなっています。

ザオプション15分取引ペイアウト率

  • HIGH/LOW:1.80倍~変動
  • スプレッドHIGH/LOW:2.00倍

話は一旦それますが、ザオプションの場合は「短期取引」の需要が高く、エントリーが多い取引時間は当然ペイアウト率が下がる傾向にあります。

ザオプション短期のペイアウト率

30秒や60秒はザオプションのイチオシなので例外として、2分取引、3分取引、短期での5分取引は1.77倍とかなり低めでよく取引に用いられている事がわかりますね。

というのもザオプションは攻略ツールとして専用のデスクトップアプリを提供していて、ツールでは長期予測よりも短期の予想で使われることが多いためと推測できます。30秒や60秒では短いですし何より転売が使えないので、その時間は玄人向けと言えるでしょう。

話を5分~15分取引に戻しますが、ペイアウト率はザオプションの中では「普通」程度と言え、人気の需要も中堅というのが見えてきますね。

社畜ネコ
15分取引はハイローオーストラリアで人気、ザオプションは短期取引が人気ってことか。
そうだね。でも記事中でも書いたように15分取引自体にも魅力があるからこそ、ザオプションでも活用できないか?という話なので、15分取引の特徴をもっと見ていこう。
きよみ

15分取引のメリット・強み

15分取引が使われる理由、メリットを見てみましょう。

前提としてまず以下のようなポイントがあります。

15分取引の前提ポイント

  • 転売の機能が使える
  • 確定足等からの予測、攻略手法や戦略が豊富

例えば「ザオプションでの転売」活用法についてはリンク先の記事で詳しく解説しているので気になる方には参考にしていただくとして、やはり取れる戦略が豊富というのが根本のメリットであり、魅力でしょう。

15分取引は順張りが狙いやすい

まず最初に言えるのは、順張りが狙いやすい点です。

順張りは相場の動きと同じ方向にエントリーするというもので、これは一定期間の判定時間を見ないと中々判断することができません。

例えば以下は30秒取引のチャートですが、この画面だけを見てこれからの相場が上がるか下がるかの判断は中々に難しいです。

ザオプション30秒取引の予想

では15分取引でチャートを見た場合、以下のようにトレンドが今どちらの方向に向かっているのかが分かりますね。

ザオプション15分取引の予想

こういった特に荒れる理由のない(少ない)相場であれば順張りは有効なので、トレンドにあわせて「Low」にエントリー

ザオプション15分取引成功

無事成功ですね。若干上昇傾向が見られたので、少し様子を見たあとでのエントリーを行ったのですが、一時的な上昇よりも長期の下落トレンドと判断し成功しています。細かい山を刻みながらも緩やかに下降しているのがわかりますね。

もちろん実際は取引画面だけを見て判断するというのはリスクが高いですのでおすすめしませんが、予測しやすいという理屈はご理解いただけたかと思います!

急激な変動で負ける確率を減らせる

「順張り」の説明からもご理解いただける内容かと思いますが、急激なチャートの変動で負けるといった確率が15分取引は少ないです。

相場は小さなHigh(上昇)とLow(下落)を繰り返し、大きなトレンドを作っていきます。

そのため、為替の傾向はしっかり読んでいたとしても、つまり分析が当たっていたとしても短い取引時間ではエントリータイミング次第で負けてしまうことが実際よくあります…。

ザオプション15分取引のコツ

上記は下落相場のチャートですが、「Low」でエントリーする場合「1分取引」や「5分取引」では負け、「15分取引」では勝ちという結果がわかりますね。

予想や分析が当たっているのに投資が失敗するリスクが短期取引にはあるので、たしかに30秒取引の業界最大ペイアウト率も魅力なのですが、しっかりと結果を積み上げるのであれば15分取引を活用すべきです。

特定の時間を狙った戦略がとれる

そもそも短期取引と中長期取引(HIGH/LOW取引)の根本の違いにもなりますが、以下のような特徴があります。

  • 短期取引 → エントリー時から●秒後、●分後に判定時刻を迎える
  • HIGH/LOW取引 → 判定時刻が予め5分刻みで決まっていて、判定時間の1分前までならいつでもエントリーが可能

例えば12:00の判定時間に狙いを定めた場合、11:45分や11:52など好きな時間にエントリーができ、もちろん終了時間はどちらも12:00です。

つまりは15分取引と5分取引・10分取引はある意味セットで考えておくべきものというのが分かりますね、実際にペイアウト率はどれも統一されています。

ではこの仕様が何を意味するかと言うと、相場を的確に狙った取引ができるという事です。具体的には12:00までは相場が上がるが、13:00には下がるといったトレンドが出た場合、ピンポイントにその時間を狙ったエントリーが可能となりますね。

このように「戦略」や「攻略法」については実に手法が豊富で、この場だけでは書ききれませんが上記の代表的なものだけをお読みいただいても、15分取引が使われる理由は見えてきたかと思います。

正直なところ私個人としては短期取引が好きではあるのですが、勝率や安定性を考えると15分取引となります。ご自身にあった戦略をぜひ探してみてください。

15分取引のデメリット・弱点

次に15分取引のデメリットについてですが、戦略的な意味での大きな弱点というのはありません。先程解説した「メリット」の要素に対する好みの問題である場合が多いでしょう。

例えば以下のようなものが挙げられます。

15分取引のデメリット

  • 短期取引よりもペイアウト率が劣る
  • 取引終了までの時間が長いため、取引回数が制限される

ペイアウトに関しては短期取引のリスクとトレードオフなので大きなデメリットとは言えませんが、取引の仕方や考え方にとっては弱点と成りうるかもしれません。

またバイナリーオプションを戦略的に取り組む場合、エントリーポイントを常に見極めて行動するため必然的に取引回数は少なくなるものですが、短期取引に慣れた人にとっては15分という時間は長く感じられるかもしれません。

まとめ

今回は15分取引が人気?というテーマでザオプションを見てみました。もちろん他の業社とも共通する要素も多いのですが、取引時間における特徴を知ると戦略の幅が広がりますね。

要点まとめ

  • 15分取引はトレンドを読みやすく戦略の幅が広い
  • ザオプションでは短期取引の方が人気があるが、15分取引にも目を向けてみる価値はある

記事の最初でもお伝えしましたが、ザオプションにはデモ取引が用意されているのでまずは戦略をしっかり試し感覚を掴んでから本番での取引を行うと、よりリスクを減らせるでしょう。

theoption(ザオプション)
theoption(ザオプション)
2020年 口座開設率No.2

リアルタイムチャット完備などサポート体制充実で、取引するごとにポイント付与で現金還元あり。業界初のテクニカルチャート標準実装など、初心者から玄人まで選ばれる人気業者です。

最大ペイアウト200%口座開設時間2分 ※土日・祝日可
入金額5,000円以上出金額3,000円以上
キャンペーンあり出金日数最短当日~3日

只今、新規口座開設を行った全ての方を対象に5,000円キャッシュバック開催中!

公式ページはこちら≫

【2020】海外バイナリーオプションおすすめ口座まとめ!

  • この記事を書いた人
プロニートきよみ

プロニートきよみ

ごきげんよう、意地でも働きたくない社会不適合者「きよみ」です。

今はバイナリーオプションをメインの収益源としてプロニートしてます。

大学生から始めたバイナリーオプションも気付けば早5年、このサイトではこれまで私が学んだ知識や経験・失敗談をもとに、初心者の方でも利益を上げられるノウハウやトレード全般の情報を随時発信しています!

-theoption
-

© 2021 バイナリーオプションプラス