binary option

ラファエルが紹介したバイナリーオプション業者の真相

ラファエルが紹介したバイナリーオプション業者の真相

この記事でわかること

  • ラファエルのバイナリーオプション動画はヤラセなのか?
  • 案件紹介料でラファエルはどのくらい稼いだ?
  • ラファエルのバイナリーオプション攻略法は有効か

ごきげんよう、きよみです。

今回はもうだいぶ前の話題で申し訳ないのですが、今回は人気YouTuberであるラファエルが自身の動画でバイナリーオプションで荒稼ぎしたという内容をアップした件で、その攻略法の真偽と、ラファエルが広告案件としていくら稼いだのかという裏側についての記事です。

ラファエルは何度もアカウントが停止になったりしていて、バイナリーオプション関連の動画も現在は非公開になっており公式アカウントでは視聴することができません。

ただ、よくも悪くも未だに影響力があるようで、ラファエルの動画の真偽や、紹介していた業者は信用できるのかなど私も質問をもらうことがまだありますし、案件としてバイナリーオプション業者とラファエルがどのような契約をしていたかなど、私が知る範囲ではありますが今回は情報をまとめてみたいと思います。

社畜ネコ
ラファエルはヤラセも多いけどエンタメとして刺激的な動画が多くてつい観ちゃうよ

ラファエルのキャラと動画の方向性

まず今回のバイナリーオプション動画の内容や真偽について触れる前に、ラファエルのキャラクターについて少し触れていきます。

ラファエルのバイナリーオプション動画解説

ラファエルは所謂金持ち系YouTuberで、大金を使った企画で人気があります。

例えばブラックカードの限度額限界まで高級時計を買ってみたり、フェラーリ・ポルシェ・ランボルギーニをドッキリの体で買ってみたり、●億円の別荘を買ってみたり…。

そのほか一昔前の、テレビの深夜番組のような「ナンパ」「合コン」「キャバクラ」等、下ネタギリギリを攻めたり、トータルで男性の大人をターゲットにした動画の方向性と言えるでしょう。

大人の男性と言えば「投資」にも関心が強く、ラファエルはその経緯で数々の投資案件も以前は定期的に動画にしてきました。恐らく視聴者の反応も上々で、広告塔としての影響力は絶大だったと思われますね。

しかし冒頭でも触れたように、ラファエルは「ヤラセ」も公言しており、本当かどうかよりも動画としての楽しさ・エンタメ性を重視するとしていることから、これらもどこまでが本当かは不明ではあります。

まあ面白ければ何でも良いけどね
きよみ

とは言え、投資の内容でヤラセをされると、結局視聴者が挑戦しても同じように稼げない自体に陥ってしまいますよね。

元々バイナリーオプションはシンプルなルールで初心者でも取っ付き易いという性質があることから、攻略ツールを売りつけたりセミナーに勧誘したりなど詐欺に使われやすいという背景もあり「バイナリーオプションの動画も嘘なんじゃ」という声が挙がるのも自然な流れではあるでしょう。

FXで荒稼ぎは本当

ここで前提情報となるのは、ラファエルはFXトレーダーであるということです。

ラファエルはFXトレーダー

ラファエルはYouTubeを始める前からある程度お金を持っていたと話しており、その資金源の1つにFXを挙げています。

もちろんこれも設定である可能性はゼロではありませんが、以前は数々のFX関連の動画もアップしていたり、為替の知識もあることから稼いだ金額の規模はさておき、トレーダーとしての顔を持つことは本当でしょう。

バイナリーオプションとFXは取引方法が異なるものの、為替市場を読むという求められる基本的知識は共通していますよね。

そんなラファエルがバイナリーオプション取引で稼いだとなれば、「使っている業者はどこなの?」「どんな戦略を使ったの?」と話題になることも当然です。

社畜ネコ
たしかに他のネタ動画と比べて投資ネタのラファエルは信用できそう…?
バイナリーオプションの動画については後ほど掘り下げますが、投資案件でもちょくちょく炎上しているので鵜呑みにはできないんですよね…
きよみ

ラファエルは度々詐欺疑惑の案件で炎上

バイナリーオプション動画の真偽の前に、ラファエルは投資案件でも定期的に炎上して視聴者や投資家を巻き込み騒動を起こしています。

代表的な投資炎上事件を2つ紹介しますが、まずは「VALU騒動」でしょう。

VALUはビットコイン・仮想通貨が大きく注目され始めたタイミングでリリースされたサービスで、登録すると個人を会社のように見立て、独自の株のようなものを発行することができる(VALU)ようになります。

ラファエルへの期待や注目が集まればラファエルのVALUは多く買われ、値段比例して上昇。

この仕組を利用し、Twitter上でファンを沸かせる・煽る発言をしてVALUの値段を釣り上げた結果、本人や関係者はVALUを全て売り払い5,000万円以上の利益を得たとされています。

インサイダー取引にも抵触するのではと騒がれたこの事件はネットニュースのトップ記事にもなりましたが、何よりファンの期待を裏切ったという部分こそが大きな炎上原因とも言える自体でした。

そしてもう1つは「水耕栽培」の投資案件です。

ラファエル水耕栽培企業案件

この動画では利回り80%以上かつ農水省の補助金も出る完全合法の好条件投資と謳い、動画の随所で投資を煽っていましたが、結局はこれらは「嘘」であることが発覚。

しかもラファエルは企業側が用意した台本を読んでいただけで、内容については知らない・責任はとれないと言った暴露話・謝罪もしており、この時もニュースになりました。

結果、エンタメ系だけでなく投資案件すら信憑性に欠けるとされてしまう状況は避けられません…。

社畜ネコ
本当にヤラセ前提・エンターテインメントとしては面白いんだけど、お金を預けるのはまずいねコレ
それにバイナリーオプションは以前別のYouTuberが炎上した前例があるんです
きよみ

バイナリーオプションで炎上したYouTuberの前例アリ

YouTubeを検索してみると分かりますが、バイナリーオプションをテーマにした動画は今なお無数にアップされています。それらが全て信用できるのか?はさておき、為替の知識も踏まえ解説しているものが大半なので、一応はセーフと言えるでしょう。

問題は本来は全く違うジャンルの動画をアップしているYouTuberがぽんとバイナリーオプションを勧めるような動画を出した場合です。

バイナリーオプション炎上ぷろたん

この動画は筋トレや大食いで人気の「ぷろたん」がアップしたもので、簡単に言うとバイナリーオプションで稼いでいる友人の手法を習いに行くといったものだったのですが、結果的に視聴者をむやみに煽り誘導したとみなされ大炎上しました。

動画を撮影した経緯や流れはさておき、金融商品は下手に取り組むと借金や破産にも追い込まれる危険性もありますし、むやみに取り上げること自体が危ういものという事が分かりますね。

さて長々と前話をしてしまいましたが、ラファエルのバイナリオプション動画についていよいよ踏み込んでいきます。

ラファエルが紹介した業者は全部で4社

ラファエルは合計4本の動画をアップし、全て別の業者を利用していたので全部で4つの業者を紹介しました。

動画で登場した業者

  • fxbinary
  • BinaryKing13
  • ハイローオーストラリア
  • ソニックオプション

企画の内容はどれも実際にバイナリーオプションに挑戦してみて資金をどのくらい増やせるか、という挑戦企画です。

結果全ての業者で「利益」を出すことに成功しているのですが、その取引テクニックは一旦追いておいて、大前提としてこれらは当然「企業案件」で、業者を紹介することで取引の結果に関わらず業者側から広告料がラファエルには支払われています。

ラファエルはバイナリーオプション紹介でいくら稼いだ?

こちら業者によって契約内容が異なるほか、ラファエルの動画を視聴して何人が実際に業者に登録・口座開設したかの数にも影響を受けるため、最終的な金額はもちろん把握しきれません。

バイナリーオプション紹介でラファエルはいくら稼いだ?

しかし当時、所謂インフルエンサーにはラファエルの案件を受けないかという代理店からの連絡も実際に行われていて私も条件を見させていただいた事があり、あくまでその時の話で説明をすると最低でも数千万円規模でした。

まずラファエルに動画を撮影してもらう時点で広告料を一部払うのですが、この時点で1000万円超え。

次に動画の説明欄に業者のURLが記載されているので、そこからサイトへアクセスし登録した人数×数万円、かつ動画公開後一定期間はGoogle等の自然検索で訪れたお客さんも人数×数万円で広告料を支払う契約でした。

これはラファエルが業者名を周知し知名度自体が上昇することに対しての報酬の意味があり、たしかに動画の紹介欄外での口座開設も増えるでしょうから当然と言えば当然ですが、例えばそれで1000人が業者に訪れればその時点で数千万円が追加で支払われる計算です。

合計4社であれば億は越える規模であることから、さすがトップYouTuberです。ただ動画は出す度に新鮮さや反響が小さくなるので、業者によっても発生した広告料は全く異なるハズで、最終的な金額までは正直わかりません。

動画の内容はヤラセなの?

動画の趣旨としてはラファエルの自己資金を軍資金として、資金を増やせるかどうか実践してみるというもの。

ラファエルのバイナリーオプション企画動画

最初に用意していた資金は300万円や500万円など、動画によって異なりますが恐らくこれは正真正銘自己資金かと思います。とは言え、広告料が業者から最初に振り込まれるのでこの金額分が溶けても痛くはないでしょうが…。

残念ながらこれは推測になり断言はできませんが、恐らく業者側が台本を用意したわけではなく、ラファエルが実際に取引をしてみての結果を動画にしているとは思います。

ただ動画の性質上編集は当然可能なので、実際に取引をした回数や数字に若干の調整は入っている可能性はあるでしょう。とは言え、最終的にプラスとなって動画は終了となっていますし、動画自体の質において「悪質である」とは言えないと思います。

しかし業者自体の評判はまた別ですので、それは詳しく後述させていただきます。

紹介したバイナリーオプション業者は信用できる?

繰り返しますがラファエルは全部で4つの業者を紹介しました。結論から言うと、信用できる業者は「ハイローオーストラリア」のみで、残りの3業者は出金条件が厳しかったり、ペイアウト率が低かったりと難が残るサービスであると言い切れます。

確かにバイナリオプションの基本ルールはどの業者も当然同じですので、為替をうまく読めれば残金を増やすまでは業者による差はそう大きくないです。

ただせっかく利益が出ても現金化=自身の銀行口座へ出金ができなければ架空のお金と同じであり、全く無意味な数字となってしまいます。

例えばfxbinaryの出金条件は以下のようになっています。

fxbinary出金難しい

ボーナスとは口座開設時にもらえる取引用のお金の事で、有利に取引進めることができるようになるものですが、残念ながらこういった業者でボーナスを受け取ってしまうと、どれだけ利益を出し口座残高が増えても「受け取ったボーナスの数十倍の金額分の取引」をしないと出金することができません。

また出金手数料も$35とリフティングチャージ料合わせると、20万円以下での出金では約7,000円の手数料がかかります。これは厳しいですよね。

fxbinaryを例にしましたが「BinaryKing13」もほぼ同様の条件で、ソニックオプションは独自のボーナスの仕組みが搭載されているもののペイアウト率も低く稼ぐには正直不向きと言わざるをえません…。

出金から見てもハイローオーストラリア一択

ハイローオーストラリアは海外バイナリーオプション業者の中で最も信用度が高く人気の業者です。

全ての業者の中でのトップの人気ですが、特にこれらの業者の中に入れてしまえばもう迷う理由すらなく一択でハイローオーストラリア以外の業者を使う意味がありません。それら業者に興味を持っていた方がいらっしゃっても、絶対に口座開設をしないように注意してくださいね。

参考ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)出金ガイド!手数料や税金、各種条件網羅

正直ラファエルがハイローオーストラリアを使っていなければ、取引内容自体も全て仕組んだ詐欺動画だと炎上していた可能性もあるほどです。

社畜ネコ
結果としてハイローオーストラリアでも利益を出したから、取引テクニックは本物?
そういう捉え方ができるね。実際取引の理論や見極めは上手だったと思います
きよみ

ハイローオーストラリアも企業案件をラファエルに出した?

「信用できる業者」とは言え、グレーゾーンの案件を扱うラファエルに広告を出した時点で本当に信用できるの?と言った意見を私も耳にしたことがあります。

たしかにそれは最もなのですが、おそらくハイローオーストラリアの広報が動いたのではなく、広告の代理店経由でラファエルに話があったのだと思います。

次項目ではそんなハイローオーストラリアの動画でラファエルが使っていた攻略法について触れてみます。

推し記事
【2020】海外バイナリーオプションおすすめ口座まとめ!
【2020】海外バイナリーオプションおすすめ口座まとめ!

この記事でわかること バイナリーオプションとは おすすめのバイナリーオプション口座(業者)とその理由 バイナリーオプションで見ておくべきおすすめ要素 ごきげんよう、きよみです。 今回は数あるバイナリー ...

続きを見る

ラファエルのバイナリーオプション攻略法

ラファエルは主に「エリオット波動理論」を使い攻略をしていました。

ラファエルはエリオット波動理論でバイナリーオプションを攻略

もちろん具体的に「エリオット波動理論」を使うとは明言していませんでしたが、動画内で「1」「2」「3」「4」「5」「A」「B」「C」と英数字を発言していることから判断できます。

エリオット波動理論とは?

エリオット波動理論とは、相場は5つの上昇波と3つの下降波で1つの周期を形成するという考え方です。

ラファエルのエリオット波動理論について

この5つの上昇波は実際すべてがHigh(上がる波)を指しているのではなく、「上→下→上→下→上」と、3回上がって2回下がるものです。

相場の全体は上昇しているため、5つの波全てを含めて5の上昇波としますが5回連続でHigh連発で勝てるタイミングというわけではないので注意してください。

3つの下降波も上昇波同様で、「下→上→下」と上昇を交えながら全体的に下降していくというものです。

エリオット波動はいくつかの根拠に基づいて構成されているのですが、今回は簡単に3つの原則を解説します。

エリオット波動3原則

  • 波動3が波動1・波動3・波動5の上昇の中で一番短くなることはない
  • 波動2が波動1のスタート地点を下回ることはない
  • 波動4が波動1の高値を割り込むことはない

分かりにくいと思いますが、これらの動きが観測できた場合エリオット波動の可能性が高く次のエントリーするタイミングを見極めやすいという事になります。

もちろんこれらは可能性の話であり、為替は常に需要と供給のバランスで動いているため「必ずこうなる」というものではない事には注意が必要ですが、上記の説明は基礎の基礎であり本格的に根拠を見極める要素は奥深いものがあるので、気になった方は勉強してみると良いでしょう。

ラファエルがハイローオーストラリアで稼いだ金額

今回はラファエルの動画の話に戻して実際の取引結果例を見ると、波を捉えたという事で5分取引/ペイアウト率1.85倍に120万円を投資し、見事予想的中となりました。

注意

ハイローオーストラリアは1回の投資金は20万円までとなっているので、連続で6回エントリーし合計で120万円を投資したかたちを取っています。

その流れのまま第2波・第3波にも続けて投資し、500万円でスタートした企画は644万5千円の残金で着地し終了。

さすがに1回の投資金額が半端ではないので簡単に真似して再現できる内容ではないものの、理論を用いてバイナリーオプションを攻略するという意味では中身のある動画だったとは思います。

まとめ

今回はラファエルのバイナリーオプション取引動画の手法とヤラセについての記事でしたが、内容が散らかってしまったのでまとめに入らせていただきます。

要点まとめ

  • 利用していた業者はハイローオーストラリア以外信用できない
  • ヤラセも混じっている可能性は高いが、取引内容は理論立てされたもので利益は本当に出ていてもおかしくはない

15分で140万円も稼いだ!と言う射幸心を煽る表現は問題があるとは思いますが、実際に取引を行い結果を出したという点は流石と言えます。伊達にFXで荒稼ぎしたと豪語するだけはありますね。

ただ先程まとめでも書いたように、業者自体は案件として受けて勧めているので、しっかりと利用する業者は選んだ上でバイナリーオプション取引を行ってください。

このサイトでは随時海外バイナリーオプション業者についてや、バイナリーオプションの攻略法やノウハウ等、私の体験談も踏まえて随時アップしているので気になる記事があれば覗いていってくださいね。

ちなみに結果的に今回の記事の中心となったハイローオーストラリアは現在口座開設+初回入金で5000円のキャッシュバックを受けれるキャンペーンが開催中です。これは記事中にでた出金が困難になるというデメリットは一切ないので、まだ口座開設を行っていない方でバイナリーオプションに興味をお持ちの方はぜひこのタイミングでアカウントを作っておくと有利に取引を進められます。

参考【最新】ハイローオーストラリアの口座開設方法・必要書類や時間など徹底紹介

以上、きよみでしたー。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
2020年 口座開設率No.1

初回5000円のキャッシュバックや、無料でのデモトレードも完備。プラットフォームも使いやすく入出金のスピード・安全性にも定評ありで初心者でも安心して利用可能な人気業者です。

最大ペイアウト230%口座開設時間3分 ※土日・祝日可
入金額5,000円以上出金額10,000円以上
キャンペーン口座開設で5,000円出金日数最短当日

只今、新規口座開設を行った全ての方を対象に5,000円キャッシュバック開催中!

公式ページはこちら≫

【2020】海外バイナリーオプションおすすめ口座まとめ!

  • この記事を書いた人
プロニートきよみ

プロニートきよみ

ごきげんよう、意地でも働きたくない社会不適合者「きよみ」です。

今はバイナリーオプションをメインの収益源としてプロニートしてます。

大学生から始めたバイナリーオプションも気付けば早5年、このサイトではこれまで私が学んだ知識や経験・失敗談をもとに、初心者の方でも利益を上げられるノウハウやトレード全般の情報を随時発信しています!

-binary option
-, ,

© 2021 バイナリーオプションプラス