binary option

バイナリーオプションでナンピンは危険!ナンピンのリスクや注意点

バイナリーオプションでナンピンは危険!ナンピンのリスクや注意点

この記事でわかること

  • ナンピン(難平)とは?メリット・デメリット
  • バイナリーオプションでナンピンは有効か否か

ごきげんよう、きよみです。

いきなりですが「ナンピン(難平)」と呼ばれる手法を聞いたことがありますか?

本来はFXや株取引で主に使われる言葉ですね。
きよみ

今回はこのナンピンがバイナリーオプションでも有効かそれとも危険か、といった内容の記事となります。

このサイトではこれまでもバイナリーオプションに関する攻略法や手法など定期的に取り上げてきていますが、このナンピンは手法を知らなくても実は既に経験済みという方も多い「身近で重要な手法」となります。

それ故にメリットもあるのですが、間違った方法や認識でナンピンを使うと口座残高を大きく減らしてしまう事にも繋がってしまうので、この記事をしっかりとお読みいただき、正しい理解と納得の上でバイナリーオプションに活かすようにしましょう。

ちなみに「海外バイナリーオプションのおすすめ業者」や「これからバイナリーオプションを始められる方」については各リンク先で詳細に解説しているので、興味をお持ちの方はあわせてぜひチェックしてみてくださいね。

ナンピンとは?手法の基礎

ナンピンは一言で言えば「買い増し」の手法です。具体的にどういった取引を行うのか、基礎の説明から行いますね。

バイナリーオプションでナンピンとは?

まずは通常通りHighかLowでエントリーをします。そして想定した方向と逆に相場が動いてしまい、このままだと負けてしまうという場面はよくありますよね。

そういった時に前回のエントリーと「同じ方向」で追加でエントリーを行うことをナンピンと呼びます。

もちろん追加するエントリー数は1回かもしれませんし、複数回のこともあるでしょう。「ナンピン」という手法と理解していなくても、ついムキになって上に掲載したような画面を作ってしまった事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

冒頭から記載していましたがこのナンピン、漢字では「難平」と書きまして意味としては「難=損失」をできるだけ平らにするという意味があります。負けてしまうのであれば、その負けを少しでも減らして取り返すというイメージです。

ただこのナンピン、先程「ムキになって」という表現も使いましたが現実では損を減らすという計算された手法で使われるよりも、熱くなって勢いで使ってしまい、結果大きな損失をしてしまった…最悪の場合バイナリーオプションがイヤになり、口座を退会してしまったという方が実はとても多いようです。

先程の画像を見ていただいてもご理解いただけるかと思いますが、勢いだけでエントリーをしているように見えてしまいますよね。損失が大きくなるのも頷けます。

基礎知識というにはシンプル過ぎるのですが、これがナンピンの基本情報です。ナンピンは損失を抑えることができるという意味を持ちながらも、使い方を間違うと一気に損失を膨らませる危険な手法という事が見えてきましたね。

しかし、シンプル故にもちろんメリットもあります。次の項目ではバイナリーオプションでナンピンを利用するメリット、そしてデメリットについても具体的に深堀りしてみます。

バイナリーオプションでナンピンを使うメリットとデメリット

ナンピンの基本手法をご理解頂いた次は、バイナリーオプションでナンピンを使う場合のメリットとデメリットです。

もちろん前項でも危険性やナンピンを使う意味などは説明済みですので、簡単にはもう理解していただいているとは思いますがより詳しく実践向けで解説していきます。

ナンピンのメリット

まずはバイナリーオプションで使う場合のメリットは以下の一文に要約されるでしょう。

「損失を減らすor利益を増やす可能性がある」

実際の画面をみながら解説します。

バイナリーオプション取引にてナンピンで損失を減らす

上記は、High(上昇)にエントリーをしたものの逆に相場が動いてしまい明らかに負けが見えてきたので、1度だけナンピンエントリーをしたものです。結果ナンピン分が投資成功となり、損失額が大きく減る事になりました。まさに難平の文字通りの結果です。

→ナンピンしなかった場合、最初のエントリー分「5,000円の損失」

→ナンピン成功の上記ケース、エントリー金額「10,000円」に対し払い出し「9,250円」。損失額は「750円」です。

社畜ネコ
これはすごいね。殆ど取り返してる!

先程の場合は最初のエントリー分が予想通り負けてしまったのですが、もし為替相場が急激に上昇しナンピン分はもちろん最初のエントリー分まで投資成功となれば、結果2回の取引が成功しているので払い出し金が倍になり、大きな利益拡大となります。

バイナリーオプションはナンピンで利益拡大も可能

→ナンピンしてない場合「5,000円の投資で払い出し9,250円(利益4,250円)」

→ナンピン分も投資成功「10,000円の投資で払い出し18,500円(利益8,500円)」

もちろんこれは理想的なケース。あらゆる手法にはメリットがあれば当然デメリットを抱えています。

ナンピンのデメリット

メリットの次はデメリットです、基本的にはメリットのそのまま反対で「損失が拡大する危険性がある」ことです。

そして、ムキになった時にやってしまいガチでることも踏まえ「メンタル維持ができずその後の勝率にも影響する」ことも実は大きなデメリットと言えます。

バイナリーオプションナンピン失敗で損失拡大

上記の画像は見るだけでも理解できる、残念な状況です。最初のエントリーから相場が逆行し続け、繰り返しナンピンを行ったものの全てのエントリーが失敗に終わり、損失が拡大してしまったケースです。

こうなったら最悪ですね、正直その日は立ち直れないかもです…。
きよみ

損失となった金額の大きさももちろん重要ではありますが、やはり精神的に堪えてしまいますよね。

ナンピンは損失を抑えられる期待がある反面、勢い任せに使うと取り返しのつかない自体を引き起こしてしまうので、基本的にはそう簡単に・特に初心者の方はバイナリーオプションで使わない方が賢明だと私は思います。

ただもちろん有名な手法故に、使うべきポイントというのも多くの方が分析しているので次の項目で紹介します。

バイナリーオプションでナンピンを使うタイミング

ナンピンのデメリットをできるだけ回避しつつメリットを引き出すやり方はあるのでしょうか。

これも正直内容としてはとてもシンプルになりますが、以下の項目が重要であると考えられています。

  • 相場トレンドの真偽
  • 経済指標の発表

そもそも相場のトレンドを読み間違えている場合、動くはずのない方向に投資(エントリー)しているのであればナンピンなんて使ってる場合じゃないですよね。

なので最初のエントリーの時点で、相応に自信やトレンドの読みの裏付けがあるかが前提として大事です。その期待があれば、エントリー方向と逆に相場が動いても「今は一時的なもの」と割り切って短時間でエントリーした方向に向き直すと考えるためナンピンをすべきとなります。

最初のエントリーポイントを探すことは、バイナリーオプションの裁量取引の基本であり勉強すべき点ですので、ぜひぜひ勉強法やノウハウに関しては関連記事なども見ていただけると嬉しいです。

推し記事
【2020年対応】バイナリーオプション無駄を省いた勉強法【実践向け】
【2020年対応】バイナリーオプション無駄を省いた勉強法【実践向け】

この記事でわかること バイナリーオプションで勉強すべき知識の種類 実際に勉強する際の効率の良い手段 ごきげんよう、きよみです。 今回はリクエストの多かった「バイナリーオプションの勉強法について」記事に ...

続きを見る

同じく書いた経済指標の発表の有無については、大きくトレンドが変動するタイミングなので予想外の事が発生するという意味でナンピンを使用するべきではありません。

ナンピンに限ったことではないのですが、しっかりとテクニカル分析を行いトレンド・為替の流れを掴むことが重要で、ナンピンはその取引を補助するものと考えておくと良いでしょう。

「ナンピンという手法のみでバイナリーオプションに勝つ!」というものではない、という事です。

ナンピンが戦略として推奨されている理由

ナンピンは非常に有名で、かつ実際に取引に使っているという方も多い手法です。

ここまでの説明でメリットはありつつもデメリットも同じだけ強く、そう簡単に誰もが使うべき戦略ではないという話をしましたが、なぜ使われる機会が多いのでしょうか?もちろんそれにも理由があります。

もともとはFXや株取引で主に使われていた手法であるナンピンゆえに、FXと同じ「為替」を扱う商品であるバイナリーオプションでも使えると認識したトレーダーがそれだけ数が多いということです。

実際はFXとバイナリーオプションは全く違いますが、FXではそれこそ相応に人気で基本の投資方法ですので今回取り上げたようなデメリットをあまり意識せず使っているというケースが実際多いみたいですね。

繰り返しますが、バイナリーオプションとFXでは利益を出すための考え方や攻略法が全くことなりますので、有名な手法や投資方法であってもしっかりと見極めて使っていくことが重要と言えるでしょう。

決定的に違うのは値幅に意味があるか否か

FXとバイナリーオプションの違いを書き出すと長くなってしまうので、今回ナンピンの記事という事で関連する部分で最も重要な点を簡潔に書くと、「値幅」に意味があるかどうかです。

FXや株取引では、大きく値が動けば動くほど利益と損失の金額に影響がでます。

反対にバイナリーオプションでは「High(上昇か)」「Low(下落か)」の二択のみで、大きく値動きがあっても、仮に微差であっても払い出し金額(利益)も損失額も変わりません。

値幅に影響があるのであれば、要所要所でナンピンを行うことでトータル損益を調整できますが、バイナリーオプションでは結局「二者択一」のエントリーを繰り返すことになり、都度発生するリスクがFXや株取引よりも大きくなってしまうのです。

バイナリーオプションにおけるナンピンの良い捉え方

記事中で既に書いた内容にはなりますが、1つの結論としてバイナリーオプションにおけるナンピンは「自分の予想に対する自信」への追加投資です。

期待が強く持てるのであれば、仮に一時為替が逆に動いてもナンピンで回収できますし、そのまま予想通りに運ぶのであればナンピンとしてエントリーした分だけ利益も大きくなります。

そもそもの予想が的外れであれば、いくらナンピンであっても「難を平ら」にすることは困難です。

こういった本質のリスクと、そして強みをしっかり理解し、ナンピンを取引に用いる理由も自分なりに明確にしておくと良いでしょう。勢いまかせの取引は絶対に避けてくださいね。

参考【私の必勝法】バイナリーオプションで収益を上げるコツ公開します

まとめ

今回は投資方法として有名なナンピン(難平)の基礎知識と、バイナリーオプションにも有効な手法かについてまとめた記事でした。

要点まとめ

  • ナンピンは本来値幅で損益額が変わるFXや株取引向け
  • バイナリーオプションで使う場合は「自分の予想への自信」に投資する認識で
  • 難平という文字ですが、損失をカバーするよりも拡大させてしまう危険性に注目しましょう

ナンピンは使うタイミングによっては当然大きな武器になるのですが、使い続けると必ずマイナスとなる場面と遭遇します。あくまで「買い増し」という言葉の意味で理解し、使うタイミングを見極めましょう。

トレンドを分析し、ここだと思えるタイミングを見つけてしっかりと勝率を上げていくことがバイナリーオプションの基本戦略であり、その後押しとなると判断できた場合にて使うことがおすすめです。

マイナスな要素を多く書いたような気もしますが、本来バイナリーオプション向けの投資方法ではないという事も踏まえ認識されておくと良いでしょう。

そしてどんな取引方法や攻略法を使うにしても、いきなり実践で使うとリスクもあるので時間に余裕があるのであれば「デモ取引」で練習してから本番で使うという流れを意識しておいてください。

ハイローオーストラリアのデモ取引解説」「ザオプションの無料デモガイド」など、リンク先で操作方法なども解説していますほか、業者についてやバイナリーオプション全般の攻略記事なども当サイトには用意しているので気になる記事があればチェックしてみてください。

以上、きよみでした!

Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
2020年 口座開設率No.1

初回5000円のキャッシュバックや、無料でのデモトレードも完備。プラットフォームも使いやすく入出金のスピード・安全性にも定評ありで初心者でも安心して利用可能な人気業者です。

最大ペイアウト230%口座開設時間3分 ※土日・祝日可
入金額5,000円以上出金額10,000円以上
キャンペーン口座開設で5,000円出金日数最短当日

只今、新規口座開設を行った全ての方を対象に5,000円キャッシュバック開催中!

公式ページはこちら≫

【2020】海外バイナリーオプションおすすめ口座まとめ!

  • この記事を書いた人
プロニートきよみ

プロニートきよみ

ごきげんよう、意地でも働きたくない社会不適合者「きよみ」です。

今はバイナリーオプションをメインの収益源としてプロニートしてます。

大学生から始めたバイナリーオプションも気付けば早5年、このサイトではこれまで私が学んだ知識や経験・失敗談をもとに、初心者の方でも利益を上げられるノウハウやトレード全般の情報を随時発信しています!

-binary option
-,

© 2021 バイナリーオプションプラス