highlowcom

ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)の出金方法!手数料や税金も網羅

ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)の出金方法!手数料や税金も網羅

この記事でわかること

  • ハイロードットコムの出金方法!出金完了までの流れ
  • ハイロードットコムの出金条件
  • 出金できないトラブル事例

ごきげんよう、きよみです。

今回は人気業者のハイロードットコム(ハイローオーストラリア)の出金方法についてガイド記事を書いていきます。

ハイロードットコムは出金速度も早くトラブルが少ないことに定評があるのですが、例えば出金に掛かる時間や手数料、税金、対応銀行、出金できないケースなど、「言われれば気になる」要素を網羅して解説します!

補足説明

人気業者のハイローオーストラリアは2019年6月16日に運営会社が変更となり、ドメインもhighlow.comへ変更とりました。「ハイローオーストラリア」という名称が有名で浸透していますが、この記事では現名称のハイロードットコムを中心とした表現で説明していきます。

ハイロードットコムへの口座開設がまだの場合以下の記事を参考にしてください。そのほかハイロードットコム関連の記事も随時更新中ですので気になる方はチェックお願いします!

推し記事
ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)の口座開設方法・必要書類や時間
ハイローオーストラリアの口座開設方法・必要書類や時間を知ろう!【ハイロードットコム】

この記事でわかること 2020年版最新のハイローオーストラリア【ハイロードットコム】口座開設・登録手順 本人確認書類・承認作業についての補足 ごきげんよう、きよみです。 今回はご要望も多かった「Hig ...

続きを見る

ハイロードットコムの出金条件

ハイロードットコムの出金条件は「最低出金額が1万円」であることのみです。

ハイロードットコム出金条件

出金申請を行う金額が「1万円以上」であれば、そのほかの条件は基本的にはなく出金が可能なので分かりやすいですよね。

他のバイナリーオプション業者の中には、入金額や受け取ったボーナス額の数十倍の取引を行わなければ出金できないなど、まず出金できないような条件を設けている場合もあるのですが、ハイロードットコムはそのようなことはなく、初心者の方でも安心できます。

補足だけども、そのほかの条件は「基本的にない」と書いたことについて少し掘り下げます。
きよみ

上述の通り最低出金額以外の出金条件はないのですが、原則のルールとして「マネーロンダリング禁止」というものがあります。

入金して取引をせずにすぐ出金を繰り返したり、例えば口座残高が5000円だとして5000円を追加で入金し残高を1万円にしてすぐ出金するなど、ルール上は許されている行為でも、それを「悪用」しているなど捉えられれば注意や確認、最悪の場合口座凍結を受ける可能性があるので注意が必要です。

マネーロンダリングに使われてしまうと、ハイロードットコム側が法的な罰を課せられる場合もあるので、これはしょうがない基本ルール・マナーとも言えるものです。疑われそうな場合は予めサポートに伝えてから、出金申請をすると安心ですね。ただ基本的によほどのことでなければそういった処置はないので、普段はあまり気にしすぎる必要もないでしょう。

参考ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)への入金方法ガイド

ハイロードットコム出金の手数料は?

ハイロードットコムは出金に掛かる手数料は無料となっています。

ハイロードットコム出金手数料

これは大きい!
きよみ

ハイロードットコムの場合、日本国内にもお客様への送金(出金)用の口座を持っているため、利用者から手数料を取ることなく運営が行えているようです。

以前、海外のバイナリーオプション業者から出金したら数千円も手数料で引かれていた…と言ったトラブルがよく聞かれていたのですが、それは外国送金を行う業者が多かったためです。

外国送金は手数料が高く、業者が都度負担をしていればその分だけ経営を圧迫するため利用者側が負担するという図式があったのですが、せっかく得た自分の利益を出金するのに手数料を取られるのはバカらしいですよね。

「出金したい時に手数料0円で出金できる」、基本ではありますがハイロードットコムが示指される基礎の要因と言えるでしょう。

出金したお金に税金は掛かるのか

出金に手数料は発生しませんが、「税金」はどうなのか気になられている方が多いようです。

結論は、海外のバイナリーオプションで上げた利益も課税対象であり、雑所得として扱われ納税の義務が発生します。

詳しい金額の算出方法などは別記事にてまとめたいと思いますのでこの場では割愛しますが、副業・投資である程度利益がでるようになると税金が付いてまわるのは「海外業者」を使っていても変わりはないということだけ、まずは頭に入れておきましょう。

もちろんハイロードットコムでバイナリーオプション取引に必要だった出費については経費として計上可能です!そのため出金分が即課税対象ということでもなく、確実な利益が出始めてからの話なので、最初はそこまで気にする必要はないと思います。

私がはじめてバイナリーオプションの利益も含めた納税をしたのは、取引をはじめて3年後でした…色々察してください。
きよみ

出金申請はいつできるの

出金申請は、ハイロードットコムにアクセスできる状態であれば土・日祝など関わらず24時間365日いつでも可能です。唯一、メンテナンス中などでハイロードットコムへアクセス・ログインができない場合は出金申請を行うことができません。

アクセスできないと他の操作も一切できないから、当然と言えば当然ですね。
きよみ

そして気になるのは、出金申請し実際自分の手元・銀行に着金するまでの時間についてでしょうから、詳しく解説します。

出金に掛かる時間は?金曜日に出金申請を出したらどうなるのか

ハイロードットコムで出金に掛かる時間は、銀行営業日の正午までに出金申請を出した場合は翌営業日に着金します。

午後に出金申請を出した場合、翌々営業日に着金となります。

そのため、例えば「今週中に資金を手元に出金したい」と考えた場合、タイムリミットは「木曜の正午まで」となります。木曜の正午までに出金申請が出されれば、金曜日で入金が確認できますね。

木曜の午後で出金申請した場合は、翌々営業日、つまり月曜での着金となるため、早め早めの行動を意識しましょう。

また「金曜日に出金申請しました、いつ着金しますか?」という質問や相談を私もいただくことがあるのですが、上記例に従っての通り「火曜日での着金」となります。

もちろんこれは祝日などを考慮していないので、イレギュラーなケースも存在するかと思いますし、状況によっては即日出金されたという場合も報告があるので、「遅くともこのタイミングで出金されるだろう」という目安で捉えておくと良いと思います。

ハイロードットコム出金申請方法を解説

それでは実際の画面を見ながら出金の申請方法を説明していきます。

前提として、出金する銀行口座は本人名義(ハイロードットコムに登録している名義と同一)の口座にしか行えないので注意しましょう。

出金申請はハイロードットコムにログインしてから行うので、まずは公式サイトへアクセスしログインします。

step
1
銀行口座を登録しよう

ハイロードットコム出金

ログイン後、パソコン版から操作を行う場合はまず上部メニューの「マイページ」をクリックし、表示された更に表示されたメニューから「入金/出金」の項目をクリックします。

スマホからの場合、画面右上のメニューをタップし、表示されるメニューの中の「出金」をタップします。

ハイロードットコム銀行口座登録出金

すると入金と出金の画面が表示されるのですが、出金は予め登録している指定の銀行口座に行いますので、まずは先に銀行口座を登録しなければいけません。

ハイロードットコム出金パソコンハイロードットコム出金スマホ

「入金」「出金」「銀行情報」のメニューで「銀行情報」を選択すると、上記の画像の通り「0件の登録済みの銀行口座があります。」という表示の横に「銀行口座追加」の文字を確認できると思うので、ここをクリックしましょう。

ハイロードットコム出金

銀行口座の情報を入力する画面が表示されるので、以下のを参考に情報を入力してください!

口座情報入力ガイド

  • 受取人名:口座開設時に登録した名義が自動で表示され変更できません
  • 口座番号:口座番号を入力しましょう
  • 受取銀行:銀行名をリストから選択→自動で右の枠に銀行コードが反映します
  • 支店名:支店名をリストから選択→自動で右の枠に支店コードが反映します

以上の情報入力が完了したら「登録する」をクリックし、まずは銀行口座の登録が完了です。

step
2
出金申請をしよう


口座登録が済んだら、いよいよ「出金」です。まずパソコンでの操作ですが、出金メニューを選択し、銀行送金をクリックしましょう。

ハイロードットコム出金

すると、先程登録した銀行情報が表示され、同時に「出金金額」の入力枠があります。残高の範囲内で任意の金額を入力し、「出金を実行」をクリックしましょう。これで出金申請は完了です。

ハイロードットコム出金

ちなみにスマホでの操作も同様です、若干表示位置が異なるので、参考までに以下画像を掲載しておきますね。

ハイロードットコム出金

step
3
着金を確認・出金完了


以上の操作を行うと、しばらくして「出金作業の開始」の旨の報告メールがハイロードットコムから送られてきます。

ハイロードットコムペイリンクジャパン

ちなみに振込人名義は「ペイリンク・ジャパン」という決済会社の名義で入金されるため注意しましょう。

私も入金履歴を見て「この名義の振込は何…?」と調べました(汗
きよみ

ゆうちょ銀行へ出金をする場合

出金用の口座で、ゆうちょ銀行の口座を指定する場合にお読みください。

ハイロードットコムでは口座情報を登録する際、口座番号が7桁までしか入力できません。8桁のゆうちょ銀行の口座番号を登録する場合、末尾の1桁を除いた7桁の番号を入力しましょう。

ココに注意

例として「12345678」という口座番号であった場合、末尾の8を除き、頭から7桁「1234567」を入力します。

銀行名は「ユ」と入力すれば予測変換で「ユウチヨ」と表示されるので、選択するのみです。(銀行コードは9900)

支店名も同様に予測変換があるので迷われる事は少ないと思いますが、ゆうちょ銀行の支店名は全て「漢字」で表示されているので、カタカナの読みになおして登録するので見間違いなどには注意してくださいね。

ハイロードットコムは出金履歴の確認はできる?

ハイロードットコムでの出金履歴は全て「取引履歴」として記録されているので確認が可能です。

ハイロードットコム出金履歴

そもそも出金申請を行った段階で、上記画像の通り受付中の申請記録が出金申請画面に表示されます。

完了済みの出金履歴は「取引履歴」の「口座詳細」に記録されていますが、全ての投資履歴が一覧でずらっと表示されているため、日付や各種条件を絞って検索するなど少し調べる手間が発生するので、その点はご注意ください。

ハイロードットコム出金履歴

とは言え記録自体は間違いなく残っているので、後々確認したい場合は便利ですよね。うまく活用しましょう。

「出金処理中」の疑問と対応

ここまでハイロードットコムでの出金の流れや、出金に掛かる時間など細かく見てきましたが、場合によっては出金処理中に時間が掛かってしまうケースも極稀にあるようです。

それこそ、本来は翌日には出金されるハズがなかなか出金が完了しない…といった場合は、単純に金融機関やハイロードットコム自体の休業日であるか、何かしらの理由であなたの取引履歴にチェックが入っている可能性があります。

もちろん普通に取引をしていてば何も問題がないのですが、この記事中でもお伝えした通り禁止されている「マネーロンダリング」の疑いがあったり、仮にそれに該当しなくても不自然に入金と出金が繰り返されたりしていると、運営側が目視で確認を行うようです。その上で問題なければ出金が行われますが、場合によっては確認の連絡がある事があるため、自分の行動についてその場合は説明を行う必要があります。

このように書くとすごく面倒な印象ですが、理由があって出金や取引を行っていると思いますので、考えを伝えるだけでほぼ問題はないです。もちろん不正を実際に行っていると口座が凍結されて出金や一切の取引ができなくなるので気を付けておきましょう。

真面目にやっていれば絶対に問題ないです。では実際に出金が行えなかったケースを次で見ていくよ。
きよみ

出金拒否?出金できないケース例

純粋な操作や認識のミス、あるいは何かしらの理由で出金できなかった方に向けて、出金時のトラブルや対処法をまとめます。

ハイロードットコム出金できない

出金金額不足、あるいは入金してすぐの出金

これは記事の冒頭でも触れた内容ですが、最低出金額が1万円以上と定められているため、1万円以下の出金申請はエラーとなります。まれに勘違いで申請をされる方がいらっしゃるので改めて意識しておきましょう。

また、入金してすぐの出金申請も規約上は問題アリませんが、マネーロンダリングの疑いを掛けられかねない行為なので、あまりに頻繁に同様の行為を繰り返すなどは控えた方が無難です。

それこそ例えば口座残高が8000円だとすると、1万円に満たないため本来は出金できませんが、5000円を追加入気し残高を13000円にしてからなら当然出金はできるのですが、繰り返すとこういった行為もNG判定を受ける可能性があるので、一応注意しておくようにしましょう。もちろん出金は利用者の権利ですので、行うこと自体は問題ではありませんが、結局は「不自然であるかどうか」が重要です。

この部分だけを見ると不自由な印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、もし本当に不正が発生していた場合、まともに取引をしているユーザーが損をしたりする可能性も出てきますので、しっかりした運営が行われている証拠でもあり、安心した取引をする上で必要なことかなとは思っています。

口座凍結or強制解約が行われた

規約違反となる取引や行為を行っていると、いきなり口座凍結や強制解約の処置を受ける場合があります。

特に「出金時」に発覚することが多いので、「出金ができない」と言った風に言われることもあるのですが、もともと規約違反の操作で得た利益であるケースがほとんどだったります…。ではどういった場合に口座は凍結されるのか、公式の記載されている内容を見てみましょう。

規約違反項目

  • レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
  • 業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
  • クレジットカードの乱用が認められた場合
  • 取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
  • 本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
  • 同一人が複数口座を開いたことが確認された場合

実際に私も色々な人から相談を受けて感じたのは、「複数口座所持」による凍結です。以前口座開設をしていたことを忘れて、もしくは覚えてはいたものの新規で作り直しそのまま取引をしていたなど理由はそれぞれあるのですが、これらは規約違反にあたります。口座開設していたか記憶が曖昧な方はサポートに問い合わせを一度するようにしてください。

そのほか、ふと油断すると起こりうるものもあると思うので、出金申請をする前に一度確認をしたいところですね。
きよみ

まとめ

今回は「ハイロードットコムでの出金」をテーマに、出金の流れから気になる部分を掘り下げてまとめてみました!

要点まとめ

  • ハイロードットコムは翌日出金が基本
  • 出金手数料は0円
  • 出金条件は最低1万円以上というコト以外はなし
  • 出金できないトラブルを避けるため、規約を事前に確認しておこう

長々とまとめてきましたが、実際の操作はシンプルですし、とてもスムーズに出金が行われます。

せっかく利益を出しても出金ができなければ意味がありませんが、ハイロードットコムは出金にも確かな定評がありメインの口座として使われている方も多いというわけですね。

以上、きよみでしたー!

参考ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)のデモ口座の特徴とその全て

Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
2020年 口座開設率No.1

初回5000円のキャッシュバックや、無料でのデモトレードも完備。プラットフォームも使いやすく入出金のスピード・安全性にも定評ありで初心者でも安心して利用可能な人気業者です。

最大ペイアウト230%口座開設時間3分 ※土日・祝日可
入金額5,000円以上出金額10,000円以上
キャンペーン口座開設で5,000円出金日数最短当日

只今、新規口座開設を行った全ての方を対象に5,000円キャッシュバック開催中!

公式ページはこちら≫

【2020】海外バイナリーオプションおすすめ口座まとめ!

  • この記事を書いた人
プロニートきよみ

プロニートきよみ

ごきげんよう、意地でも働きたくない社会不適合者「きよみ」です。

今はバイナリーオプションをメインの収益源としてプロニートしてます。

大学生から始めたバイナリーオプションも気付けば早5年、このサイトではこれまで私が学んだ知識や経験・失敗談をもとに、初心者の方でも利益を上げられるノウハウやトレード全般の情報を随時発信しています!

-highlowcom
-,

© 2021 バイナリーオプションプラス