theoption

【要Check】ザオプションとハイローオーストラリアを比較してみた結果

【要Check】ザオプションとハイローオーストラリアを比較してみた結果

この記事でわかること

  • ザオプションとハイローオーストラリアが比較される理由
  • ザオプションとハイローオーストラリアの各特徴と違いが比較でわかる

ごきげんよう、きよみです。

海外バイナリーオプション業者の情報を調べてみると、「ザオプション」と「ハイローオーストラリア」がよく比較されていることに気付きます。

最初に口座開設をした海外業者がこのどちらかという方も多いのではないでしょうか。

安全性や実績などを見ると2大海外バイナリーオプション業者と言っても過言ではないですね。

どちらの業者のどんなトコロが優れているのか、今回は様々な項目を比較してみたいと思います!既にどちらもご利用中の方でも意外と知らない内容もあるかもしれないので、ぜひ興味をお持ちの方は参考にしてみてください。

ザオプションとハイローオーストラリアはどのように比較される?

SNSや掲示板でこの2つの業者は実際どのように比較されているのかをまず見てみましょう。

Twitterでは?

バイナリーオプション業者を選ぶ基準は様々ありますが、何より最優先は「安全性」でしょう。せっかく利益をあげても出金できないなどあればまさに詐欺であり、論外の状況となってしまいます。

今は悪質な業者は淘汰され、基本的に信用度の高い業者がサービスを継続させている場合が多いものの、その中でも一番の知名度および人気は現在ハイローオーストラリアだと言うことが見えてきます。

まずハイローオーストラリアを使い、何かしらの理由で別の海外バイナリーオプション業者の利用を考えた時に候補にあがるのが「ザオプション」という立ち位置です。

ツイートでもあるように口座凍結でハイローオーストラリアが使えなくなった場合や、ザブ口座として皆さんザオプションを使われているみたい!
きよみ

ザオプションはハイローオーストラリアより「ペイアウト率」が低いという情報や、「全てにおいて劣る」と強烈なツイートがありますね。果たしてこれらは本当でしょうか?比較するポイントになりますね。

checkポイント

業界ではハイローオーストラリアが一番人気、次いでザオプションが選ばれることが多い。

掲示板では?

次は掲示板での意見を見ていきます。

935名無しさん@お金いっぱい。
BOをハイローオーストラリアでするかザオプションでするかで
迷っているんだけど、どちらがお勧めですか?

936名無しさん@お金いっぱい。
>>935
ザオプション
1ヶ月ほどザオプションでやって、使い心地などの感想を書いてもらうと助かる

【BO】バイナリーオプション総合スレ16

406名無しさん@お金いっぱい。
ちゃんと出金出来るのってハイローだけ?

407名無しさん@お金いっぱい。
>>406
ザオプションも出来るよ

408名無しさん@お金いっぱい。
サービスの質はthe optionいいよ。

【BO】バイナリーオプション総合スレ17

636名無しさん@お金いっぱい。
ハイローマーケッツ以外でおすすめ業者ってある?
みんなハイローマーケッツ一択なのか?

637名無しさん@お金いっぱい。
ザオプションがおすすめだよ。
ハイローは同値負けだけど、
返してくれる。

【BO】バイナリーオプション総合スレ18

基本的にTwitterと内容は近いものがあります。

記事中で既に書きましたが、業者に対しての信頼・安全性とはまず「出金できるか」です。

以前海外のバイナリーオプション業者は出金できても海外送金で、出金の度に数千円もの手数料を取られ、着金まで数日から数週間かかるという状況でした。そんな中ハイローオーストラリアは国内に出金用口座を設け、最短翌日・出金手数料なしという異例の対応を行い人気に火が着いた経緯があります。

もともとバイナリーオプションというサービス自体は日本の業者よりも海外業者の方が人気だったのははるか昔からなのですが、どうしても入出金まわりが足を引っ張っていました。しかしそのデメリットが取り除かれると多くの人が海外業者を選択するようになるのは当然ですね。

話が少し逸れましたが、ザオプションも出金に国内口座を用意し対応しており、ハイローオーストラリアに負けない環境を整えています。

明らかにザオプションはハイローオーストラリアを意識してるんだよね。ユーザーが比較したがるのもわかります。
きよみ

ここまでくると、比較内容と結果を見るのが楽しみになって来ませんか?次の項目から具体的な比較に入っていきます!

checkポイント

ザオプションも出金には定評があり、安全性でハイローオーストラリアと比較されたり名前が出されたりしている

ザオプションとハイローオーストラリアを徹底比較

ここからは各項目毎に順番に比較していきます。これによってどちらが優れているかが具体的に見えてくるかもしれません。

運営拠点・運営年数の比較

まずは基本概要から。運営会社や拠点、運営年数など実態情報からの比較です。一応海外バイナリーオプション業者で最も信用できる2社とも言われていますが、そこにも差はあるのでしょうか。

ハイローオーストラリア

  • URL:https://highlow.com
  • 運営会社:HLMI LTD
  • 運営拠点:マーシャル諸島共和国
  • 営業開始:2010年5月10日

ザオプション

  • URL:https://jp.theoption.com
  • 運営会社:TCG holdings Ltd
  • 運営拠点:マーシャル諸島共和国
  • 営業開始:2017年1月

運営・営業期間の長さはハイローオーストラリアが圧倒ですね。積み上げた実績からくる信用度の高さと言えるでしょう、日本人向けの海外バイナリーオプション業者では現在最も長い運営実績を持ちます。

ザオプションは結果後追いなので、評判の良いハイローオーストラリアのサービスを意識しているのは間違いない
きよみ

また両サービス現在の運営拠点はマーシャル諸島共和国ですが、元々ハイローオーストラリアは文字通りオーストラリアに拠点を置いていましたが2019年に拠点変更を行い現在は同じマーシャル諸島となった経緯があります。

ちなみにハイローオーストラリアは2019年の6月に運営会社の変更も行っており、「HLMI LTD」自体の設立は2019年4月29日なのですが、当初のサービス公開時からカウントしています。ハイローオーストラリアの運営会社変更や撤退騒動に関しては以下の記事で詳細をご覧いただけるので、興味があればぜひチェックしてみてください。

参考ハイローオーストラリアが撤退し日本でサービス終了するウワサ(ハイロードットコム)

サポートで比較

信用度と言えばサポート対応についても触れておかなければいけません。海外業者なので、何かトラブルがあった時に適切に対応してもらえるのかなど不安を抱えたままでは十分に取引に集中できない状況ともなります。

ハイローオーストラリア

  • 日本語サポート:日本人スタッフが完全対応
  • 問い合わせ方法:電話(フリーダイヤル)、メール
  • 営業時間:日本時間で平日の午前9時~午後5時
  • フリーダイヤル:0120-542-381

ザオプション

  • 日本語サポート:日本人スタッフが完全対応
  • 問い合わせ方法:電話(フリーダイヤル)、チャット、メール
  • 営業時間:日本時間で平日の午後16時~午後23時
  • フリーダイヤル:0120-982-453

まず最初に、どちらの業者も日本人スタッフによる日本語のサポートに対応しているのでほっとしますね。それにフリーダイヤルなので電話料金を気にする必要がない点も良きです。

大きな違いは「チャット」によるサポートの可否と、営業時間でしょう。

電話とメールは2業者共通ですが、ザオプションはチャットでのリアルタイムサポートにも対応しています。メールは返答まで時間が掛かったりかしこまったりで面倒だし直接話すことにも抵抗がある方もいらっしゃいますよね?少し気軽に問い合わせができるという意味ではザオプションのチャットは便利です。

ただ重要なのは営業時間で、ザオプションは時差の問題で「夕方~深夜」での対応となっています。日中しか時間がとれない方にとってはこれは大問題となりますが、逆にハイローオーストラリアは「午前中~夕方」が営業時間なので、使い分けも重要となるかもしれませんね。

これは私個人の感想と主観になりますが、ザオプションのフリーダイヤルは回線数が少ないのか若干繋がりにくい印象があります。(チャットサポートはそのため?)

ハイローオーストラリアはフリーダイヤルも繋がりやすく、サポートも丁寧なのですがどこか機械的な印象があって、マニュアル外のことは頑なに答えてくれない印象です…が、これは私が悪いですねたぶん!コンプライアンスがしっかりしていると言う捉え方もあるでしょうし、はい!本当に個人の意見に過ぎませんでしたすみません。

ペイアウト率の比較

気になるペイアウト率を見ていきましょう。集めた意見の中に「ザオプションはペイアウト率が低い」とありましたが、利益に直結する部分なので気になるところです。

ハイローオーストラリア

  • ハイロー取引:1.85~1.95倍
  • スプレッド取引:2.00倍
  • ターボ取引:1.85~1.95倍
  • ターボスプレッド取引:2.00~2.30倍

ザオプション

  • ハイロー取引:1.82~1.90倍
  • スプレッド取引:2.00倍
  • 短期取引:1.81~1.96倍
  • 短期スプレッド取引:2.00倍

スプレッド取引ではどちらの業者も2倍が基準になっていますが、通常のハイロー取引やターボ(短期)取引では基本的にハイローオーストラリアが高いペイアウト率を誇ります。

ただ、上の比較表で分かるようにザオプションの短期取引(30秒限定)では現在1.96倍のペイアウト率が提供されており、一部分だけではありますがこの数字は業界一位です。もちろんキャンペーンでアップしているので、いずれは減少すると思いますが該当のキャンペーンが好評のため繰り返し期間が延長されているので、この表でもアップした数字を掲載させていただきました!

0.01%上回ってくるとは…ここでも確実にハイローオーストラリアを意識してるね!まあ利用者にとっては高ければ高い程良いので嬉しいんだけど
きよみ

キャンペーン内容の比較

先程ザオプションのペイアウト率上昇のキャンペーンについて少し触れましたが、比較してみるとどのような差があるのでしょうか。

ハイローオーストラリア

  • 口座開設+初回入金で5,000円キャッシュバック
  • 取引毎にポイント付与で毎月最大5万円キャッシュバック
  • 条件非公開で取引が盛んな利用者に毎月キャッシュバック
  • 不定期かつ期間限定でペイアウト率上昇

ザオプション

  • 口座開設+初回入金で5,000円キャッシュバック
  • 取引総額に応じて最大5万円キャッシュバック(ポイントプログラム)/月
  • 更に期間限定で更に取引総額に応じて最大10万円キャッシュバック(KANGENボーナス)/1回限定
  • ハッピーアワー(STA):取引で負けた半額をキャッシュバック/不定期
  • 不定期かつ期間限定でペイアウト率上昇

箇条書きにしてみると分かりにくいですが、結構独自の傾向があったりします。

まず口座開設時で5,000円のキャッシュバックがあるのは2業共通です、これはハイローオーストラリアが行っていた人気企画をザオプションが後追いしたカタチですが、利用者にとっては非常にメリットがあるキャンペーンなのでほくほくです。

ちなみに他の海外業者はなぜ圧倒的人気の「口座開設キャンペーン」を行わないかと言うと、資金的な体力が無いからと業界の方から聞いたことがあります。このキャンペーンを行えている時点で、この2業者は少し特別なのかも知れません。

話を戻して全体の傾向に関してですが、ハイローオーストラリアはキャッシュバックに力を入れています。例えば損失を出して口座残高が0となったユーザーにいきなりキャッシュバックが行われたりと、ユーザーに長く続けてもらおうとした動きが活発です。その分、キャンペーンの条件が公開されていなかったりして取り扱いが難しかったりはするのですが…。

ザオプションはゲーム感覚のようなキャンペーンが特徴で、数回分の負けを帳消しにしてくれる「ハッピーアワー」であったり、開催されるとつい挑戦してみたくなるような取り組みが多いです。

参考ザオプションのSTA・ハッピーアワーキャンペーン(theoption)

キャンペーンに関してはどちらも良いところがあるので、何が気になるかは個人によるのではないでしょうか
きよみ

入金関連の比較

取引を行うためには入金を必ず行う必要がありますが、入金豊富であれば選択肢が増えますし、手数料なんかも気になるところですよね。

ハイローオーストラリア

  • 入金方法:銀行振込,クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB),ビットコイン
  • 最低入金額:5,000円/銀行振込の場合10,000円
  • 入金反映時間:クレジットカードは即時/ビットコインは30分~1時間/銀行は平日9:00〜12:00の入金は当日12:00以降入金は翌営業日
  • 入金手数料:銀行振込は銀行の定める手数料、その他はなし

ザオプション

  • 入金方法:クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB),bitwallet,ビットコイン
  • 最低入金額:クレジットカード・ビットコインは10,000円/bitwallet5,000円
  • 入金反映時間:クレジットカードは即時/bitwalletは対応方法により異なる/ビットコインは数十分~48時間以内
  • 入金手数料:bitwallet・仮想通貨ウォレット側の定める手数料、その他はなし

ザオプションが用意しているbitwallet(ビットウォレット)決済では、国内銀行からの入金や、通常のクレジットカード入金で使えないカード(デビットカードやAMEX等)も利用可能なので、アカウントをお持ちの方は大変便利です。持っていない方は原則クレジットカードのみとなるのでやや不便ですね。

また最低入金額は比較するとハイローオーストラリアの方が低いので、お試し感覚で取引をしたい場合はザオプションは若干ハードルが高くなるかも知れませんね。

出金関連の比較

利益となったお金を出金する…バイナリーオプションに限らず嬉しくそして大事なことです。

出金方法に選べる手段、そして重要な「手数料」について比較します。

ハイローオーストラリア

  • 出金方法:銀行振込
  • 着金までの時間:最短1日(原則翌日振込)
  • 最低出金額:10,000円
  • 最高出金額:100,000,000円/1日
  • 出金手数料:なし

ザオプション

  • 出金方法:銀行振込,bitwallet
  • 着金までの時間:最短1日(原則翌日振込)
  • 最低出金額:5,000円(利益分の最低出金額は3,000円)
  • 最高出金額:500,000円~1,000,000円/30日/口座レベルによって優遇処置あり
  • 出金手数料:銀行振込(2,000円),bitwallet(出金額の4%)/口座レベルによって無料処置あり

いくつか補足がありまして、まずハイローオーストラリアの出金限度額は事実上「制限なし」と言えます。体として具体的数字が必要であったので「1億円」と定めているのでしょうが、まずこの金額を一度で出金する機会はないでしょう。もし複数の出金を行いたい場合も、この出金限度額は1日でリセットされるのでまた翌日申請を出すことが可能です。

ザオプションの場合は取引金額に応じて「口座レベル」といういわばランクが設けられており、口座レベルに応じて以下の恩恵を受けることができます。

ザオプション口座レベル

  • チャレンジャー:口座開設後の初回出金が無料
  • トレーダー:30日間に1回まで出金手数料無料
  • ベーシック:30日間に2回まで出金手数料無料
  • プロ:30日間に5回まで出金手数料無料
  • エキスパート:回数に関係なく出金手数料無料+最高出金額が50万円→100万円へ変更

サービスを使い込むことによって出金を手数料無料で行える回数が増えていき、エキスパートになれば最大100万円まで30日間の間で出金できるようになります。

出金限度額については、ハイローオーストラリアと比較すると少し窮屈に感じますが50万円の利益を上げる頃には数回分の手数料が無料となっているハズなので、事実上手数料や回数は気にせず出金は可能とも言えますね。

手数料が無料となれば、当然ですが出金申請した金額がそのまま着金します。どちらのサイトを使うにしろうまく立ち回って利益を上げていきましょう。

単純条件はハイローオーストラリアが強いけど、なんだかんだ実際使ってみるとザオプションも負けてないと思います。
きよみ

通貨ペアの比較

通貨ペアが多い方が取り組める戦略が増えます。多ければ良いというわけではありませんが、地味に重要な比較ポイントとなるので見てみましょう。

ハイローオーストラリア

  • HighLow/HighLowスプレッド【22種類】
  • ターボ/ターボスプレッド【7種類】

ザオプション

  • HighLow【18種類】
  • HighLowスプレッド【17種類】
  • 短期/短期スプレッド【16種類】

大きな特徴としてザオプションは短期取引でも16種類もの通貨ペアを選ぶことができます。対してハイローオーストラリアはターボでは一気に数が減りますね。ザオプションはターボでは現在業界1位のペイアウト率を提供するキャンペーンを開催中ですし、短期に力を入れていることが見えてきます。

ハイローオーストラリアの場合は総合的に取り扱いペア数が多いので、幅広い選択肢がお好みの場合には良いですね。

取引環境の比較

ここまでサービス内容を比較してきましたが、実際に口座を開設し取引に至る際に「もしかすると気になるかもしれない要素」を比較してみます。

ハイローオーストラリア

  • 口座開設必要書類:顔写真付き身分証明書
  • スマホでの取引:完全対応
  • スマホアプリ:Android版のみ公式サイトで配布中,iPhone版は現在提供なし
  • 独自ツールの提供:なし
  • 登録前にデモ取引:無料で体験可能

ザオプション

  • 口座開設必要書類:顔写真付き身分証明書+現住所確認書類
  • スマホでの取引:完全対応
  • スマホアプリ:Android版のみ公式サイトで配布中,iPhone版は現在提供なし
  • 独自ツールの提供:専用デスクトップアプリあり
  • 登録前にデモ取引:無料で体験可能

スマホでも問題なく取引は可能ですが、現在両サイト共にiPhone版アプリはダウンロードすることができません。しかしアプリ版とブラウザ版でもできる事に変わりはありませんので、大きな影響はないでしょう。

単純なプラットフォームとしての見やすさや直感でも分かりやすいような配置は、主観ではありますが正直ハイローオーストラリアの方が上だと思います。

ただザオプションはパソコンで利用できる「デスクトップアプリ」を提供していて、こちらなかなか高機能なテクニカルチャートでバイナリーオプション取引で分析に必要な主要なインジーケータが使えてそのまま取引を画面上で行うことが可能な代物です。本来であればMT4やMT5を使い、別画面で分析を行う必要があるので便利ですよね。

そういった意味では初心者向けはザオプションなのかも知れないですね…使ってみるのが早いんでしょうけど
きよみ

また口座開設でスムーズなのはハイローオーストラリアですが、ザオプションも作業自体は2分程度で完了しますよ。現住所確認書類の用意が手間ですけど、これ国内業社などでも必須の書類ですし当然の事なんですけどね。

参考theoption(ザオプション)の口座開設ガイド

参考ハイローオーストラリアの口座開設ガイド

比較してみた結果おすすめの業者は

前提として優良と呼ばれる2つの業者を比較していることは忘れてはいけない事実です。

ザオプションとハイローオーストラリアの比較

ザオプションはキャンペーンの多様性からも見えるように、「尖ったサイト」です。全体的なペイアウト率はハイローオーストラリアに負けるもののターボの30秒取引だけでは業界1位の数字だったり、テクニカルチャートを使えたりと立ち回り次第で面白い取引が可能でしょう。

小難しさよりも安定であればハイローオーストラリアで、やはり先述もしましたが初心者がぱっと画面をみて分かりやすい仕様になっているのでとても扱いやすいのが魅力とも言えます。

散々比較してきての結論としては弱いですが、やはり業界で最大の会員数を誇るハイローオーストラリアは人気となるだけの安定性がありますし、業界二番手と言われるザオプションはそんなハイローオーストラリアで満足できない方へ向けた尖りつつも魅力あるサービスを提供していると言えるのではないでしょうか。

まとめ

今回はザオプションとハイローオーストラリアを様々な角度から比較して検証してみました!あなたにとって気になるポイントはありましたか?

要点まとめ

  • 安定性で初心者におすすめはハイローオーストラリア
  • ハイローで満足できない尖った方はザオプション
  • 両サイトとも「デモ取引」があるので、まず無料で体験してみよう

今回は全体の比較の記事ですが、各業者のポイントポイントを掘り下げた記事をこのサイトでは随時更新中です。気になる記事があればぜひ覗いてみていってくださいね。

以上、きよみでしたー!

推し記事
デモ取引で海外バイナリーオプションを練習しよう!スマホも対応
デモ取引で海外バイナリーオプションを練習しよう!スマホも対応

この記事でわかること バイナリーオプションのデモ取引とはなにか? デモを行う業者の選び方や、デモ取引時の注意点 デモでは勝てる?本番とデモの違い ごきげんよう、きよみです。 今回はバイナリーオプション ...

続きを見る

Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
2020年 口座開設率No.1

初回5000円のキャッシュバックや、無料でのデモトレードも完備。プラットフォームも使いやすく入出金のスピード・安全性にも定評ありで初心者でも安心して利用可能な人気業者です。

最大ペイアウト230%口座開設時間3分 ※土日・祝日可
入金額5,000円以上出金額10,000円以上
キャンペーン口座開設で5,000円出金日数最短当日

只今、新規口座開設を行った全ての方を対象に5,000円キャッシュバック開催中!

公式ページはこちら≫

【2020】海外バイナリーオプションおすすめ口座まとめ!

  • この記事を書いた人
プロニートきよみ

プロニートきよみ

ごきげんよう、意地でも働きたくない社会不適合者「きよみ」です。

今はバイナリーオプションをメインの収益源としてプロニートしてます。

大学生から始めたバイナリーオプションも気付けば早5年、このサイトではこれまで私が学んだ知識や経験・失敗談をもとに、初心者の方でも利益を上げられるノウハウやトレード全般の情報を随時発信しています!

-theoption
-

© 2021 バイナリーオプションプラス